yedataではどんな状態の機器でも大切なデータを復元する

マウス

データセンターでの工夫

サラリーマン

データセンターに大切なデータを管理させている企業は少なくありません。データセンターでは、たくさんのデータを管理して通信障害が発生しないように管理を大縄無ければなりません。最近では数多くの地震が発生していますし、実際に大きな震災が起きてしまった事もあります。そういったときに、しっかりしているデータセンターであれば、自家発電や予備の電力を使ってサーバが停止しないように対策をしているのです。しかし、逆に安心だといっていたにも関わらず、実際は何の対策もされていなかったというデータセンターもあります。これらの事から、データセンターにまかせていれば安全は確実であるとは言い切れません。よって、データセンターを選ぶさいはしっかりと万が一に備えて対策を行っているのか、しっかりと管理をしてくれるのかといった細かい部分も確認をしておかなければなりません。最近では、震災が発生しにくいとされているデータセンターに大切なデータを管理してもらおうと考えている企業が増えてきました。震災が起きにくい場所であれば、データを失ってしまうリスクが低くなるのです。
データセンターでは、たくさんのサーバやネットワーク機器が設置されていますので、かなり熱がこもってしまいます。電子機器は熱を持ちすぎてしまうとオーバーヒートを起こしてしまいますので、そういった事にならないようにするための対策としてデータセンターの管内は冷房が常にフル稼働しているのです。